予約・相談の流れ
通常の相談
借金に関する相談

借金に関する相談

事前準備
相談の事前準備  借金に関するご相談も,基本的には通常の相談と同様,電話で予約していただき,日程を決め,事務所に来ていただきます。
  ただ,できるだけ早急に弁護士が事案の概要を把握できるようにするため,事前に債権者一覧表を作成していただけるようお願いしています。

  債権者一覧表には,分かる範囲で結構ですので,債権者名,債権者住所,借入の時期,現在の借入残高(余裕があれば,借入原因,使途,保証人の有無,担保の有無,差押えの有無,最終返済日も)をお書きいただき,当日お持ち下さい。
持参資料
  借金に関するご相談で,当日お持ちいただくものは下記のとおりです。
      @債権者一覧表
      A印鑑(シャチハタ不可)
      B(サラ金の)キャッシュカード類
      C借金の金額が分かる書類(請求書等)
  すぐにでも債権者に通知を送った方が良い事案の際,すぐに書類を作成できるように,印鑑はお持ち下さい。
 任意整理や破産などで受任した場合,貸金業者のカード類はこちらで預かり,破棄するか,業者に返送します。
 また,請求書等があれば,現在の残高について明確になりますし,どこが債権者なのかよく分からない場合などに,こちらで調査することができますので,これもお持ち下さい。
相談・受任
相談の事前準備  相談の際は,分からないことはご遠慮せず,何でもお聞き下さい。
  特に破産に関しては,巷でいろいろな噂が流れているようです。
そのような噂についてはこちらに簡単にまとめましたので,よろしければ事前にご確認下さい。
  相談の結果,受任することになった場合,一括で弁護士費用のお支払いが難しい場合には,分割払いにも対応しておりますので,ご相談下さい。
  受任に至らなかった場合にも,債務に関する相談は相談料無料ですので,相談料はいただきません。