主な取扱事件
はじめに
男女問題
自己破産Q&A
借金問題
過払金について
遺言・相続
成年後見
不動産事件
債権回収(保全・執行)
労働事件
消費者被害
刑事事件
交通事故事件

借金問題

債務整理総論

借金問題 借金の整理の方法としては,大きく分けて「@破産」「A任意整理」「B民事再生」等があります。
※借金など,こちらが払わないといけないものの事を「債務」,貸金など,こちらが払ってもらうものを「債権」と言います。
@破産
 破産とは,債務の弁済が困難になった方の財産を全て換価して,債権者に公平に分配し,残った債務の免除を受ける手続をいいます。
 財産を換価するといっても,20万円以下の価値しかないものや,日用品等は手元に残すことができます。破産は,今後の収入の見込みが無い方や,特に失う財産が無い方の場合には,破産を選択した方が良い場合が多いといえます。
 詳しくはQ&Aをご覧下さい。
A任意整理
 任意整理とは,弁護士が依頼者に代って債権者と交渉し,借金の総額を減らしたり,3〜5年の分割払いにするなどの条件を決めて和解をする手続です。ほとんどの場合,和解が成立した後の利息は免除してもらえます。
 債権者の中には,法定の制限利率を超過して利息を取っている業者も少なくありません。そのような業者に対しては,取引の内容や期間にもよりますが,場合によっては払いすぎ(過払い)になっており,借金がなくなるどころか,お金が戻ってくるケースも多々あります。
 過払金については,こちらをご覧下さい。
 なお,任意整理では,支払いは残りますので,仕事をしているなど,今後の収入の目処が立っている方でないと難しいでしょう。
B民事再生
 民事再生とは,一定の財産を残したままで,借金額を大幅に減額することができる手続です。破産と任意整理の中間的な手続というイメージです。
 住宅ローン付きの不動産や,生命保険などの財産を残したまま,借金を最大で100万円まで減額することができます。
 この手続は,残したい財産がある方には最も適切な手続であるといえます。ただ,民事再生も,任意整理と同様,支払いは残りますので,今後の収入の目処が立つ方でないと難しいでしょう。
  これらどの手続を取るかは,その方の状況によって様々です。借金の総額や収入,財産状況などを確認した上で,最も適切と思われる手続をご説明します。
  債務整理事件においては,どの事件の依頼となった場合でも,弁護士から債権者に対し,事件を受任した旨の通知を送ります。その通知を受け取った貸金業者は,借主に対して請求をすることができなくなります。
 そのため,弁護士に依頼した段階で,債権者からの取り立ても返済をする必要もなくなります。
 こうして業者への返済を止め,金額を確定した上で,弁護士が交渉や訴訟の手続を進めていくことになります。

ヤミ金処理

 貸金業の届け出をせずに貸金業を行ったり,出資法に違反する法外な利息を請求している貸金業者をヤミ金といいます。
 いわゆるヤミ金業者との契約は,出資法に規定された利率を超えた高金利であることが多く,そのような契約は公の秩序に違反しているものとして,無効とされます。
 このような場合,ヤミ金業者に対して残っている借金を支払う必要はなくなりますし,ヤミ金業者から受け取った金員も返還する必要が無くなります。
 また,契約が無効になった結果,過払金と同じく,今までの支払いは払う必要がなかったのに払ったということになり,今まで支払った金員の返還を請求できます。しかし,ヤミ金業者は住所が分からなかったり,実体があるのかないのか分からなかったりするため,実際に返還を受けることは困難です。ごくまれに返還を受けることができる場合があります。

 弁護士が介入し,ヤミ金に対して,今後一切支払いをしない旨の電話をした場合,通常のヤミ金業者であれば取り立てをやめます。ただ,中にはそれでもひるまずに脅してきたり,性懲りもなくご本人や勤務先などに連絡をしてくる業者もあります。ヤミ金事件の処理を行うときは,勤務先等に発覚してしまうことは覚悟しておいた方がよいでしょう。
 そういったしつこい業者に対しても,決してお金を払ってはいけません。一度お金を支払うと,ヤミ金業者はどこまでも請求してきますし,ヤミ金業者のネットワークに「しつこく請求すれば金を払う客だ」という情報が回されてしまいます。
 ヤミ金事件に関しては,依頼者の方も闘う姿勢を持ち,毅然とした態度で対応し,きちんと支払いを拒否しましょう。